LOVE MESSAGE〜胎内記憶&お空の上の記憶を持つ子どもたちからのメッセージ〜
ホーム お問い合わせ 実行委員会について
わたしの胎内記憶&お空の上の記憶 胎内記憶フェスティバルLOVE MESSAGE 胎内記憶ワークショップ にじいろお話会 イベントお申込み
協力者募集 応援メッセージ 販売 リンク にじいろ工房
実行委員会について
LOVE MESSAGE 実行委員会の活動趣旨

【活動趣旨】

『胎内記憶&お空の上の記憶』を持つ子どもたちの声を聞くと、ふんわりと優しく温かな気持ちになります。

LOVE MESSAGE実行委員会は、家族の絆をより深めてくれるツールの一つとして、
『胎内記憶&お空の上の記憶』に関する活動を行っています。


『胎内記憶&お空の上の記憶』を大人になっても持ち続けているみなさんに聞いてみると、
「家族を自分で選んで生まれてきた」
「この人生の青写真を自分で描いて生まれてきた」 
このようなメッセージを多く耳にします。

「人生ドラマの主人公は自分自身。自分で自分の人生を決めてきた」という人生観が、今この瞬間を
より自分らしく・より自然体に生きるための心の支えになると感じています。
LOVE MESSAGE実行委員会は、ご縁のある方々と共に、これからも末永く『胎内記憶&お空の上の記憶』に
関する活動を行っていきたいと思います。ご声援ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



LOVE MESSAGE 実行委員会 運営スタッフ
共同代表 熊谷亜希子
1男2女の母
共育ステーション『地球の家』  代表
うれし・たのし・プロデューサー 
ナチュラルライフ・コンシェルジュ

「胎内記憶やお空の上の記憶は、一人一人が自分の生き方を見つめ直すための素晴らしいきっかけとなる」と感じて、2009年6月から竹澤さちへさんと
共に胎内記憶をテーマにしたワークショップを定期開催する。
2010年7月に、共通の友人の紹介で銭 希空(せん のあ)ちゃんファミリーと出逢い、その際に『希空のそら』(美建ガイド社)を拝読して希空ちゃんファミリー
の生き様に深く感動し、希空ちゃんファミリーのことを伝えるためのイベントの開催を決意する。
2011年1月に第1回目の『LOVE MESSAGE』を千葉県松戸市で開催。2011年6月の第2回目には池川明先生(産婦人科医師)をゲストにお迎えする。
2012年1月には、瀬戸龍介氏(音楽家)&長野眞弓氏(幼児教育者)をゲストに第3回目を開催する。
その後、希空ちゃんのお母さん 銭 紀子(せん のりこ)さん&3人の仲間たちと共に、2年間の準備期間を経て、2013年4月に千葉県松戸市で
健常児・障がい児ミックス型スクールである 共育ステーション『地球の家』 を開校する。
胎内記憶フェスティバル『LOVE MESSAGE』の他にも、『胎内記憶ワークショップ〜家族を選んだ理由はね〜』『胎内記憶おしゃべり会〜にじいろお話会〜』
『にじいろ工房』を企画する。


【FB】http://www.facebook.com/akiko.kumagai888
【BLOG】http://ameblo.jp/acco888/
【地球の家HP】http://chikyunoie.jp/
【地球の家BLOG】http://ameblo.jp/chikyunoie/



共同代表 日高直美
1男の母
看護師
古神道・言霊・数霊求道士

3年ほど前、インターネットを通じて 胎内記憶&お空の上の記憶を持つ女の子 銭希空(せん・のあ)ちゃんと知りあう。
※のあちゃんは、先天性脳障がいを持っている。
FC「あいうえお文字盤」を使って3才の頃から家族間でコミュニケーションがとれるようになった。
自分の障がいのことも、両親のことも生まれる前に自分で選んできたというお話や、FC(あいうえお文字盤)で語られるたくさんの詩やメッセージに 感動し、
多くの人たちにのあちゃんのメッセージを 伝えたいという思いから、第1回目の『LOVE MESSAGE』イベント から運営スタッフとして参加。
『LOVE MESSAGE』 は年々大きく成長してきており、2013年5月18日には 『LOVE MESSAGE vol.4 〜なぜ、わたしは生まれてきたの?〜』
のプロジェクトリーダーとして300名のお客さまを動員し、イベントを大成功させている。
子どもの頃から星占い・タロットカードが得意で、 スピリチュアルなことに興味をもち、 西洋占星術はルネ・ヴァンダール・ワタナベに師事し学ぶ。
その後、日本の古神道に興味を持ち、現在も言霊・数霊や神代文字を師匠に師事し、学んでいる。


【FB】http://www.facebook.com/naomi5678
【BLOG】http://ameblo.jp/mialovethankyou



WEB・チラシ制作 深町
1児の母
共育ステーション『地球の家』  事務局長
グラフィックデザイナー

Webとチラシ制作を担当しています。わたしが命と向き合う大きなきっかけとなったのは流産をしたときです。
産科医・池川明先生の胎内記憶の著書を読んで、赤ちゃんは親を選んで産まれてくるということを知りました。
空へ帰った赤ちゃんのメッセージを汲み取り、受け入れてはじめて、見えないけれど大きな絆が築けたと感じました。
わたしはこれまでデザインの仕事をしてきたので、イメージや色を通して愛のメッセージをみなさんにお伝えして、母と子の絆作りをしたいです。

【FB】http://www.facebook.com/emiko.fukamachi
【HP】http://aquamarinmix.jp/ (2014年3月オープン予定)



にじいろ工房 書籍編集 松戸千香
にじ(2児)の母
アロマセラピスト
ラフターヨガ・リーダー

妊娠中の娘たちとの胎話を含めたコミュニケーションが、今の私の生き方の 源になっています。
私自身も大切に大事にしているそのエッセンスを、まさにラブ・メッセージとして伝えてくれる希空ちゃんとの出逢いがあり、
LOVE MESSAGEの第1回目から実行委員としてお手伝いさせていただいています。
雨上がりの大空にかかる虹を見て笑みがこぼれるように、LOVE MESSSAGEが心の虹の架け橋となり、
たくさんの人たちと笑顔で繋がれる機会をいただけてとても感謝しています♪


【BLOG】http://ameblo.jp/aromaroom-i/



撮影 たけちゃん
映像の編集、合成、特殊効果を本職とするクリエイター。
折りたたみ自転車と旅とお酒と家族を愛する優しいお兄さん。

お母さんのお腹の中にいた時の記憶を話す子どもがいるんだって。友人から聞いた、そんな不思議な話。
それをきっかけに、興味津々で行ったイベントが、LOVE MESSAGE vol.1でした。 胎内記憶から、思うこと。
それは、人が家族の幸せを願う、深い深い愛と、その愛の繋がりです。
誰かのためにという思いやりが、地下水脈のように脈々と流れ、人々の目にふれない深い場所で、いつもいつも、それを保っています。
その思いやりが、長い年月を経て姿を現すとき、綺麗な湧き水のような、純粋な清らかさを保ったまま、人々の心に届くのだと思います。
胎内記憶のチカラが、家族の繋がりにどのような良い行動変容をもたらし、今を生きるチカラとなるのでしょうか。
そんな現実的な幸せを導くチカラに、とても注目しています。
「お母さんを選んで生まれてきたんだ」 一見、夢のようなこんな子どもたちの言葉が、自分を責める気持ちを楽にし、笑顔で暮らすためのきっかけとなるのなら。
それを、願ってやみません。 胎内記憶は、家族が幸せに暮らすための、みちしるべ。
大人になって忘れてしまった、子どもの頃の素直な心。 そんな心で、もういちど、子どもたちの声に耳をすませてみませんか。





Copyright(c) LOVE MESSAGE 実行委員会 All Rights Reserved.