LOVE MESSAGE〜胎内記憶&お空の上の記憶を持つ子どもたちからのメッセージ〜
ホーム お問い合わせ 実行委員会について
募集は終了しました
【映画について】
< LOVE MESSAGE実行委員会より>   
LOVE MESSAGE実行委員会では、家族の絆をより深めてくれるツールの一つとして、『胎内記憶&お空の上の記憶』に関する活動を行っています。

『胎内記憶&お空の上の記憶』を大人になっても持ち続けているみなさんのお話をお聞きすると、「お母さんやお父さん、兄弟姉妹を自分で選んで生まれてきた」とか「人の役にたつために生まれてきた」 というような話をされる方がたくさんいらっしゃいます。

そして、この映画では「胎内記憶を語る子どもたち」がたくさん登場して、その記憶を語ってくれているのです。

映画をご覧になった一人ひとりの心の中で、自分が何のために生まれてきたのかを思い出したり、人生観が変わったり、子育てのヒントになったりと、少しでも何かの気づきが得られることがあれば、本当にうれしく思います。


<「かみさまとのやくそく」公式HPより>
この映画は、胎内記憶と子育ての実践、インナーチャイルドをテーマにしたドキュメンタリー映画です。
胎内記憶とは お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、その前の記憶のこと。 2〜4才の子どもたちが話すと言われています。
インナーチャイルドとは、あなたの内なる子ども。心の深奥部に潜み、幼児期の体験によって傷つけられたり抑圧されたりしている、真の自己のことです。
この映画には 音楽もナレーションもありません 。
しかし、胎内記憶の聞き取り調査や子育ての実践、内なる子どもへの自己肯定ワークの過程を、カメラは丁寧に見つめます。
研究者、教育者、たいわ士(胎児や赤ちゃんの通訳)が、子ども達と真剣に向き合う姿を先入観なく、ありのままに観てほしい。そして観客ひとりひとりが身近な子どもたちとのつながり方を考える時間を共有してほしい、そんな思いで作られた映画です。
胎内記憶やインナーチャイルドのこと、 知らない方も、知っている方も、 ありのままの映像から、 ご自分の大切な 何かを感じていただけると思います。


日時

2014年4月27日 日曜日

◆午前の部 10:00〜12::30  受付開始9:40〜
◆午後の部 13:30〜16:00  受付開始13:10〜

会場

ありがとう早稲田ビル7階ホール
〒271−0073 松戸市小根本45−12(松戸駅東口徒歩6分) 
047−360−6161
【HP】 http://www.kireinotane.jp/
定員

午前の部、午後の部共に50名(自由席)

参加費

一般(大学生以上) 
 
 ・早割特典(〜3月31日まで申込の方に限る)  1,800円
 ・4月1日〜4月26日申込  2,000円
 ・当日  2,500円
*但し、事前に満席になった場合は当日券の販売はありません。

中学生〜高校生  1,000円 
席を必要とする幼児〜小学生  700円

申し込み方法 
募集は終了しました


★ お申し込みにあたってのご案内

・前日までのご入金後のキャンセルにつきましては、事務手数料500円を引いた金額をご指定の口座にお振り込みいたします。当日キャンセルの場合は返金できませんのでご了承願います。
・チケット発行はいたしませんので、当日受付で「振り込み控え」をご提示いただくか、「お名前」をおっしゃってください。
・お子さま連れでもご参加いただけますが、他のお客様のご迷惑とならないようにご配慮ください。お子さまの安全についての目配りをどうぞよろしくお願いいたします。おもちゃをお持ちになる際は、音の出ないおもちゃをご持参ください。

★ 主催
LOVE MESSAGE実行委員会 http://lovemessage.jp/ 
オーガニックサロン『きれいのたね』 http://www.kireinotane.jp/  共催


〈映画 「かみさまとのやくそく」作品概要〉
製作・撮影・編集・監督:荻久保則男
事前取材無しの撮影と、音楽やナレーションを使わず、出演者たちの会話のやりとりとインタビュー、シーンのキーワードテロップのみで編集された本作。 
観客ひとりひとりが考えながら、リアルな緊張感を共有できる映画になりました。

◆池川明医師は神奈川県横浜市で産婦人科のクリニックを開業するかたわら、胎内記憶研究の第一人者として全国を講演して回っています。 胎内記憶を持つ子どもたちに、生まれてきた理由について訪ねると、「人の役に立つため」と全員が答えるといいます。「自分が生まれて、お母さんが幸せ、これが子どもたちにとっての幸せなんです」と、池川医師。
◆幼児教育の専門家である飛谷ユミ子さん、かがみ知加子さんそれぞれの幼児教室で胎内記憶、出生前記憶を語る子どもたち。
◆中部大学の大門正幸教授と池川医師による胎内記憶、出生前記憶の聞き取り調査を通して、 カメラは胎内記憶研究の現場を見つめます。胎内記憶への解釈が、母子や兄弟間の絆にどう影響を与えるか、研究者とともに感じ、考えてみてください。
◆実際の子育てについて、胎児や赤ちゃんの通訳である「たいわ士」南山みどりさんの子育て セラピーを取材しました。子どもの心にどう寄り添えば、親子関係が良くなるのでしょうか?
◆そして、自分自身への愛について。南山みどりさんのワークを通して、あなたのインナーチャイルドに目を向けてみてください。
(公式HPより)
http://norio-ogikubo.info/



Copyright(c) LOVE MESSAGE 実行委員会 All Rights Reserved.